Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://abugetter.blog106.fc2.com/tb.php/45-79f86775

トラックバック

コメント

[C62] No title

積みゲー乙です
  • 2010-07-28 00:55
  • あるく
  • URL
  • 編集

[C63] Re: No title

>>あるくさん
(・ω・`)乙  これは乙じゃなくてポニーテールなんだからね!
  • 2010-07-29 13:35
  • あぶ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

M&B(NE-KENGEKI)日記1

Mount & Blade詰みました。

昨日の日記で捕虜になったところまでお伝えしましたが、

その後盗賊団から逃げ延びた後、

お金に困って農民を襲って返り討ちに合い

身包み剥がされて何もできない状態になりました。


なので、やり直しました。今回は慎重にいくぞ・・・

MODは昨日と同様の「NE-Kengeki」です。

ArukさんもNativeに慣れたらKengekiで始めればいいと思うの。

初期設定からちょっといじってます。

自分へのダメージ:100%
味方へのダメージ:100%
AI:強い
オートセーブ:有効

にしてます。

上記の設定は、

主人公補正無し!やり直し無し!

一般兵と同じ状態で、主人公一人で無双プレイというのは難しいようになってます。


===============
= 交易商人として
===============

まずはお金を稼ぐことにした。

各地を放浪して一通り大体の相場を見てまわり

最初は200G程度の資産しかないので

ワイン・羊毛を中心に交易を開始。

少し資産が貯まったところで毛皮・油・塩等、単価の高いものも取り扱うように。

しかしここで山賊に追いかけられる。

資産が少なかったころはあまり運ぶ量も少なかったが

運ぶ量が増えたことで気づかぬ内に移動速度が激減していたため追いつかれた。

売りさばくための物資を大量に買い込んだ後だったので通行料みたいなものも払えず

物資を奪われ、捕虜にされてしまった。いきなり詰んだと思った。

山賊の隙を見て逃げ出せたので、また交易再開。

どうやら物資の搭載量によって移動速度が下がる問題を解消するためには

荷馬を用意すればいいようだ。

馬屋で安い馬を2頭購入。

今度は搭載量いっぱいでも盗賊たちに追いつかれない速度になった。

交易を繰り返し、かなりのお金を稼ぐことができた。

他のNPCも交易をしているため相場は変動したりしている、

お金も都市に無限にあるわけじゃなくて流通しているので

このまま交易商人としてお金稼ぐだけでも十分おもしろいのでいいような気がしてきた。


===============
= 傭兵団として
===============

交易の途中、食料を購入するために寄った村で村長に話を聞くと、

村のまわりの盗賊団に困っているとのこと。

軍資金もある程度あるので、兵を雇って賊を討伐することに。

村で義勇兵を募っても戦力にならないような気がしたので

近くの都市の宿屋にいる傭兵を雇うことにした。

10人で1500Gとか高い!

これに加えて一週間に一回給料も払えとのこと。

ちょっと割高だが、傭兵団を結成できた。

このまま野戦に突入すると流れ矢で即死しそうなので主人公の装備も都市でそれなりのものを揃えた。

騎乗して加速してる状態で正面から矢を食らうと即死するのが怖い。

大型の盾を使うことでそのリスクを下げてみた。

そのまま盗賊団に襲いかかり勝利した。

私は何もしていなかったが、傭兵がかなり強い。高いだけある。

盗賊団が所持していた物資や装備はそのまま頂いて都市で売りさばいた。

町の人によると盗賊団を討伐したことで私の名声が上がっているらしい。

傭兵団にも高い金を払っているので、その辺にいる賊をどんどん討伐することにした。

中には賊に捕虜とされている敗残兵もいて、

賊を倒した後に私の傭兵団に加えていった。

傭兵団は大きくなり名声も上がっていった。

ただ兵士たちへの給料もどんどん上がっていった。

このあたりで最初に雇った10人の傭兵を解雇。

気づいたら賊が私を避けて移動するほどに。

しかし、傭兵団なのにどこからも雇用のお誘いがなく、

ただの賊狩りという感じだった。


mb25.jpg



===============
= 正規軍として
===============

しばらく賊狩り活動をしていたが、

大陸に「黒騎士」という新勢力が現れた。

NE-KENGEKIから追加された要素らしく黒騎士に関しては

まったく情報が無い。

それと同時にスワディア王国のハルラウス女王から仕官の招待状が届いた。

ハルラウス女王のところに行くと、

賊狩りとしてかなり有名なのでスカウトしたようだ。

このまま賊狩りプレイをしていても良いのだが、

プレイに変化をつけるために承諾した。

こうしてハルラウス女王の臣下になった。

領地として都市の近くの村を1つもらった。

この村から徴収される税金も私がもらえる。

戦功を立てれば褒美をもらえるみたい。

こうして賊狩りから正規軍になった。

このとき、兵士の数は騎兵20歩兵5弓5程だった。

早速与えられた村へ行き、領主の館を建てた。

建築には30日ほどかかり、お金も7000Gかかる。

かなり財布へのダメージがでかいが、

遠征後に休むところが無いというのもきつそうなので

建てることにした。

ここで女王からまた手紙が来た。

「これから遠征に行くから、兵士30人以上を連れて同行しろ。」

みたいな内容だった。

あまり調べないで承諾してしまったが、スワディア王国は北のページャー王国と戦争中だったみたい。

NE-KENGEKIでの遠征は初体験なので行ってみることに。

私以外にも各諸侯が女王の下に集まっている。

合計兵力400くらい。

大軍すぎる。


===============
= 攻城戦
===============

ページャー王国のある城にスワディア軍が向かい、

城を囲んで野営し始めた。

朝には城に攻め込むらしい。

朝になり、攻城戦が始まった。

何故か私の軍が先鋒を切ることになった。

城の城壁からページャー王国の兵士が弓で撃ってくる。

城門は閉まっているし、何をどうしたらわからなかった。

盾でひたすら矢を防いでいたら、



mb26.jpg




うしろから梯子車が来た。

これを城壁にかけて突入する。

こちらも弓で城外から城壁の敵を殺す。

梯子がかかったところで歩兵が突撃した。

私は何故か先頭で突入した。

連戦の勝利でゲーム難易度を高くしていたことを忘れていたのである。

5人程場内の兵士を倒したところでやられた。


mb30.jpg



5人倒せればまぁまぁな気もするが。

しかし、その後に続く私の兵士達がバッタバッタと死んでいく。

攻城戦では乗馬して戦うことはできないため、騎兵は馬から下りて歩兵として戦う。

騎兵は歩兵になると乗馬しているときよりも色々と弱いのだった。

こうして初攻城戦は敗北し、私は城から撤収することになった。

30人程いた兵士たちも攻城戦で5人くらいまで減ってしまった。

とりあえず都市で傭兵を雇って攻城戦にもう一度参加しようと思い都市へ向かったが、

傭兵団に襲われた。

傷だらけの上に兵士が5人しかいない状態だったため敗北、捕虜となった。

しばらく傭兵団に捕虜として連れまわされていたが、隙を見て逃げ出した。

逃げ出したころには所持金は半分に、

攻城戦で敗北したハルラウス女王はページャー王国の捕虜に、

集めた兵士たちは全員いなくなっていた。


・・・詰んだ?

続く。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://abugetter.blog106.fc2.com/tb.php/45-79f86775

トラックバック

コメント

[C62] No title

積みゲー乙です
  • 2010-07-28 00:55
  • あるく
  • URL
  • 編集

[C63] Re: No title

>>あるくさん
(・ω・`)乙  これは乙じゃなくてポニーテールなんだからね!
  • 2010-07-29 13:35
  • あぶ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

あぶ

【HN】 あぶ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。